暮らしの知恵袋

wisdom-1.jpg

建築に際して工事に取りかかる前に敷地を清める祭儀で、土地の神から敷地を借り受けることを願い、土地の災いをなすものを祓い、建築が安泰であるように祈願するものです。竹を四隅に立てシメを張り、神職がきて神祭に対する献餅、祝詞泰上、敷地の清祓をおこない、土地を塩で清め東西南北に御幣を立て方丈に拝んでもらうことです。


wisdom-2.jpg

柱を立て棟木を上げるにあたり、その新築に災いがないように神を祭り、大工を主客として祝宴を張る。棟梁が家主とともに棟に上がり、神酒・塩・お洗米・餅などを供えて棟の上に御札を立て、火伏のまじないや邪霊を避けるまじないをする儀式です。このとき餅をまきますが、四隅から大きな餅を投げ、これを「すみもち」とよんでいます。